岩浅税理士事務所さま

岩浅税理士事務所さま page 3/10

電子ブックを開く

このページは 岩浅税理士事務所さま の電子ブックに掲載されている3ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
161第2章 社長の数字の捉え方つくることです。 これら2つの計画をつくったうえで、そのとおりに実行できたかどうかチェックすることが必要です。実行できていない場合、事業計画が現実的でなかったのか、行動計....

161第2章 社長の数字の捉え方つくることです。 これら2つの計画をつくったうえで、そのとおりに実行できたかどうかチェックすることが必要です。実行できていない場合、事業計画が現実的でなかったのか、行動計画に追いつけていなかったのか……。 実際は、自分が考えていたことを実行できていなかったケースがほとんどです。計画が順調に進んでいるかどうか、チェックする視点が必要となります。 たとえば、お店を出すときに事前調査をおこない、この立地であれば、このくらいの年齢層がくるはずだと想定して計画をつくったとします。ところが、お店をはじめても、計画どおりに売上が伸びていかないこともよくあります。 その場合、何が計画と違っているのかをチェックしなくてはなりません。計画上では、30代の女性をターゲットとして来客数を想定していたにもかかわらず、実際は男性客が多い気がする……。 感覚だけに頼らずに、計画どおりに狙ったターゲットが来店しているか分析する必要があるのです。そのためには、お店にくるお客様の人数や性別、年齢層を計測していなければなりません。 つまり、事業が順調に進んでいるのかどうか、自分なりのチェック項目を持つことが大