岩浅税理士事務所さま

岩浅税理士事務所さま page 6/10

電子ブックを開く

このページは 岩浅税理士事務所さま の電子ブックに掲載されている6ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
164Part 3 安定企業のつくり方数字を追いかけて見ていったほうがよいのです。 飲食業の場合、これらの数字のウエイトが大きくなってくると、飲食原価に大きな影響を及ぼすからです。....

164Part 3 安定企業のつくり方数字を追いかけて見ていったほうがよいのです。 飲食業の場合、これらの数字のウエイトが大きくなってくると、飲食原価に大きな影響を及ぼすからです。 つまり、変動費(売上などの増減により変動する費用)のなかでもウエイトの高いものをしっかりと継続的に把握しておくことで、事業の黄色信号を早めに察知することができるのです。 異常値を発見するためには、最低でも3ヶ月ごとに数字の動きを見比べていくことが重要です。 一方で、広告費や交際費など売上をあげるための経費については、別の観点からもチェックが必要です。 計画では広告費として100万円使う予定だったものが、実際には30万円しか使われていなかったとします。 これは予算内ですんだと喜ぶ話ではありません。 なぜこんなに少なくなっているのか、もともと何を予定していたのか、逆の観点から分析をする必要があります。 広告費として十分に使えていないことが、売上を伸ばすことができなかった原因となっ